大きい貼箱ならお任せ下さい
  
貼箱のことなら | 京都の河田紙工

会社案内|河田紙工について

P-WORKSPackage・Paper craft・Print)の おしごと

河田紙工は京都の貼箱屋。土地柄、着物を入れる収納箱や着物文庫、呉服屋さんの特殊な箱(布貼等)を製造したり、
また、お菓子屋さんのかわいい箱、高校・専門学校の証書ホルダー等の紙加工品をオーダーメイドで製造させて頂いております。

京都の伝統工芸のお仕事で長年実績があります。

Package(貼り箱・折りたたみ箱・桐箱など)

貼り箱

貼り箱とはボール紙に様々な貼紙(はりし)を
専用の 接着剤を使用して貼付け、包み込んで作製する
紙製の箱のことを言います。

貼り箱の事例
・着物の収納箱
・コート、スーツなどの収納箱
・ハンドメイドの雑貨、家具 等 more

大きいサイズの貼り箱

サンプル画像

大きい箱
大きい貼り箱は場所をとるため、その貼り付け作業ができる条件が整っていないと製作できません。

河田紙工では自動糊付機で大きい箱に貼紙を接着し、貼り付けて包み込む作業ができます。また、細長い紙でもまっすぐに出力することができ、攪拌装置熱交換システムで糊温度を高くすることによって加工糊への対応がよくなり、他社では難しい大きい箱の製作がとてもスムーズです。

今まで大きすぎて箱に入らないとお考えの方、河田紙工では不可能を可能にすることができるかもしれません。是非一度ご相談下さい。

大きい箱の事例
・着物の収納箱
・コート、スーツなどの収納箱
・ハンドメイドの雑貨、家具 等

 more

兜の箱(かぶとの入れ物)

かぶと(兜)の箱

五月五日の端午の節句は、子どもの日として古くから伝わる日本の伝統的な行事の一つです。
その節句に欠かせないのが鯉のぼりと五月人形のかぶとの飾り。でも最近では鎧、兜を飾れるような部屋もなく収納場所もない・・・。
かぶとの収納箱は使わない時は唐櫃(からひつ)という箱の中に収納し、鎧兜を飾るときは台座として箱の上に置ける大変便利な入れ物です。
作り方は木材に布張りを施してその上から、下塗り・中塗り・上塗りを施し研ぎをして柄を出したり布目を出します。(唐櫃の木材に紗という薄い布を貼って強度をつけたものを紗張り唐櫃といいます。京都の飾り甲冑の多くで使われる技法です。)さらに塗りを施し本金メッキの飾り金物で仕上げます。また、内側は、化粧紙張りを施してあります。

 more

衣装箱(着物の入れ物)や桐箱や折り畳み箱も承ります。

サンプル画像

どのような些細なことでもお気軽にお問い合わせ下さい。

more

Paper craft(袋・着物文庫・見本帳,メニュー台紙)

証書台紙(卒業証書台紙・修了証書ホルダーなど)

サンプル画像

証書台紙
小中高校、大学、専門学校などにお薦め!
資格証や認定証などを保管するために使われます。筒形式で保管する形式をよく目にしていましたが、保存するのに場所を選ぶことやアルバムなどと一緒に立てておくことができるため最近では台紙に挟んで保管するケースが増えてきました。
今まで筒をお使いの方に新たなご提案です。これからは証書ホルダーを使って見られはどうでしょう?
材質はスタンダードのものから高級感溢れるものまで色々ご用意しております。
また、卒業用品・教務用品などの整理など幅広い製品をご提供しております。1つ1つ丁寧かつスピーディーな対応で、ご要望に柔軟にお応えいたします。
ご予算に併せてご相談に応じますので是非一度お問い合わせください。more

メニューカバー(オリジナルなメニューの台紙)

 

お店の雰囲気に合わせたオリジナルメニューカバーを制作します。

more

着物文庫

 

Print(印刷物・シール全般)

印刷物

シール全般